BLOG

ヒヤリ・ハットって覚えていますか?

ヒヤリ・ハットって覚えていますか?

車を運転していて、

「もう少しで交通事故を起こすところだった」

とヒヤリとしたり、ハッとしたりする経験は

皆さん一度は経験があるのではないでしょうか?

 

 

1回の重大な交通事故が起きるときには、

なんと300回ヒヤリ・ハットがあるといわれています😱

 

 

 

 

ヒヤリ・ハットをきちんと学ぶ事により、

重大な交通事故を未然に防ぐ事ができます👌

 

 

 

 

よくあるヒヤリ・ハットの事例として、以下の5つがあります。

 

①前を走っている車に接近しすぎて追突しそうになった😣

②人や自転車が飛び出してきて交通事故になりそうになった😨

③前の車が急ブレーキをかけて交通事故になりそうになった🚐💥

④交差点で出合い頭に車や自転車と接触しそうになった💦

⑤車線変更のときに他の車と接触しそうになった😫

 

こういった事例が起こるドライバーさんの状態として

 

攻撃的傾向(イライラしたり・腹を立てたりするなど)

漫然、脇見運転傾向(運転中に脇見をしたり、ぼんやりしたりする)

違反容認傾向(多少の違反であればすぐには交通事故にはならないだろうと違反を容認する)

 

というような傾向が見られます。

 

 

それぞれの傾向に対しての対策として

 

ドライバーにイライラしたり腹を立てたりせず、穏やかな気持ちで運転する事

運転中に脇見をしたりぼんやりとしたりせず、運転に集中する事

交通規則は多少なら違反しても大丈夫だろうと考えず、きちんと遵守する事

以上を意識して守っていく事が交通事故を防いでいくために大切なことになります。

 

 

 

運転を長く続けていると、自分は交通事故を起こさないと過度な自信を持つようになることもあります😖

ですが今まで交通事故を起こしていなくても、

これから交通事故を起こす可能性は誰にでもありますので、

ヒヤリ・ハットに学び、交通事故を起こさないよう十分注意して運転をしていきましょう!