BLOG

信号機の無い横断歩道でのルール📃

信号機の無い横断歩道でのルール📃

突然ですが、

信号機の無い横断歩道では、一時停止していますでしょうか?

 

 

 

免許を取るときに道路交通法等を勉強していた当時は

明確なルールを覚えていたと思いますが、

忘れてしまっている方も多いのではないでしょうか?😣

 

 

 

信号機の無い横断歩道での交通ルールは

常に歩行者が安全に横断歩道を渡れるように保護しなければなりません!

 

 

横断歩道に近づいたら、

・明らかに人が歩行者がいない場合→そのままの速度で通過

・歩行者がいる可能性がある→直前で停まれる速度まで減速

・歩行者が横断、横断しようとしている→停止線の手前で一時停止

このような明確なルールがあります👌

 

 

信号の無い横断歩道で、上のルールをやぶってしまうと

立派な道路交通法違反で法律違反になってしまいます😨

 

 

ルールを破ってしまう理由には、

「急いでいたから」や

「後続から車が来ておらず、自分の車が通り過ぎれば歩行者は渡れると思うから」など

様々な理由があると思います😓

 

 

ですが、歩行者は車が止まってくれると思っていますので、

歩行者の立場になって考えてみましょう👍

 

 

 

 

ルールを破ってしまう事は、

法律違反になってしまう事はもちろん

重大な事故にも繋がってしまう恐れがありますので

今一度、ルールや規則を確認し

安心・安全な運転を心掛けるようにしましょう!